スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告Permalink│Comment- | Trackback-│

個展最終日 The end of the Exhibition at bowls

shimanokoten

















早いもので、江ノ電沿線10の一つとして11日にオープンしたbowlsでの個展も今日で最終日を迎えました。

気まぐれな作家の思いつきをいつも快く受け入れてくださったbowlsスタッフの皆様、沿線10というすばらしい舞台を下さった江ノ電さん、その中で展示を担うチャンスを下さったアーティスト八咲潮さん、沢山の刺激を頂いた他の参加作家の皆さん、そして地元の、または遠路はるばるご来場頂いた方々、純粋に作品を気に入ってくれ激励応援してくれた初対面の方々、本当にありがとうございました。10日余り後にはすでに英国に立っているのだろうと思うと武者震いも致しますが、皆さんの一人一人の顔を思い出すにつけ腹の底から勇気が湧いてくる気がします。本当に、本当に心から感謝申し上げます。

最終日の23日は日中、江ノ島で行われる「江no・Fes」という江ノ島灯台の足下で行われるイベントに他の沿線10作家と一緒に参加してまいります。どんなものが行われるのかは初めての僕には想像がつきませんが、楽しんで来たいと思います。

江ノ島でのイベントは午後5時ごろには終わると思いますので、その後はbowlsに戻り連休の終わりとともにマッタリと夜を過ごしたいと考えています。お時間に余裕のある皆さんは是非遊びにいらして下さい。

| NewsPermalinkComments1 | Trackbacks0

comments

ブログ初めて見ました。
おもしろかったよ。
毎日楽しみにしています 書いてね。

「がんばって いつかは 会いに行く 希望をもって 生きていく」 久子

2009.10.04(Sun) 06:19 | URL | ひさこばあば|編集 edit

contribution of comment


This is between you and GORO


trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://goroblog2.blog51.fc2.com/tb.php/20-8b64b231

| main |



Recent event

Our MA show 2011 has finished successfully and the artists have started to their next journey. Now the departure place of my new journey is Brighton!

Category

Monthly archives

Bio and Statement

Goro was born in Japan in 1974. After graduating from Kuwasawa Design School in Tokyo in 1995, he worked in the graphic design world with computer graphics as an independent illustrator for over ten years. He now focuses on painting, particularly portraiture, and has moved to the UK in 2009 to develop his practice in a more international context.



Goro Shimano


My portraits are painted integrations or aggregations of variant impressions, memories and information of the object which we unconsciously operate for the communications and relationships with other people. I want to establish a field through which all segments of a face relate to issues of identity and a sense of reality. By distilling each individual impression of the model with instinctive finger painting and impacting and reconstructing them into a singular/series of portrait(s) with vivid colour combinations, my aim is to question the gaps between the facial perception of someone we usually believe is accurate and the image we create in our minds as we see the third person.

Above: "Uppon" (detail), Acrylic on canvas, 2009

Contact

Name


Email


Subject


Body



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。