スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告Permalink│Comment- | Trackback-│

吹奏楽CD「エグモント」のジャケット  A jacket of the CD "Egmont"

以前から僕のポートレイトの作品をチェックしてくれていたデザイナーの Otoshimonoさんが昨年末に声をかけてくれ、幸運にもCDのジャケットイメージを描く機会を頂いた。そしてこれがいよいよこの3月28日に店頭発売!


エグモント~ベルト・アッペルモント作品集エグモント~ベルト・アッペルモント作品集
(2009/03/28)
ベルト・アッペルモント
(cond)東京佼成ウィンドオーケストラ

商品詳細を見る


商業デザインの分野では僕のポートレイトは決して扱いやすいスタイルでないにも関わらず、Otoshimonoさんや本件の版元・佼成出版社の担当Fさんには100%僕のスタイルを受け入れて頂き、〆切のその日まで本当に根気よく完成を待って頂いた。ほぼ完全燃焼と言える仕事ができた事は本当に有り難いことだ。

ちなみにこの作品は、東京の佼成ウィンドオーケストラの演奏によって再現される、吹奏楽の本場ヨーロッパの注目作曲家ベスト版シリーズとも言うべき「ヨーロピアン・ウィンド・サークル」の最新弟7作目。

そして今回、録音に際して自ら指揮棒を振るいに来日したのはベルギー人のベルト・アッペルモント氏。何と'73年生まれという若さにして、すでにヨーロッパでは相当な知名度を獲得しているそうである。

出来上がったジャケットはクラシックのジャンルでは特殊な部類に入るかも知れないが、作曲家の若さと力強さを表現しようとした制作陣の狙い通り注目を集める事ができた様で、出だしの売り上げも順調だそうだ。

都内のタワーレコードなど大きなお店では、わりと派手にディスプレイされている所もあるそうなので、吹奏楽にご興味があったら是非ご一聴をお勧めする。壮大な物語を連想させるパワフルな音が聞けるはずだ。

090401.JPG

| NewsPermalinkComments1 | Trackbacks0

comments

おひさしぶりでーす!
覚えてますかい沖縄の落書き野郎マエカワです(^ニ^)

いろいろ読ましてもらったんすけど相変わらず楽しんでやすね!
ハチュウさんやアンマキさんも元気にしてます?
ボウリングはパーフェクトは達成しやしたか?

自分も今年結婚して再来月には息子が生まれますぜ!!
こっちは相変わらず生き迷ってますが何とかやってます。
またのぞきにきまーすw

2009.07.06(Mon) 08:46 | URL | MAETCH|編集 edit

contribution of comment


This is between you and GORO


trackbacks

トラックバックURLはこちら
http://goroblog2.blog51.fc2.com/tb.php/15-d8db193f

| main |



Recent event

Our MA show 2011 has finished successfully and the artists have started to their next journey. Now the departure place of my new journey is Brighton!

Category

Monthly archives

Bio and Statement

Goro was born in Japan in 1974. After graduating from Kuwasawa Design School in Tokyo in 1995, he worked in the graphic design world with computer graphics as an independent illustrator for over ten years. He now focuses on painting, particularly portraiture, and has moved to the UK in 2009 to develop his practice in a more international context.



Goro Shimano


My portraits are painted integrations or aggregations of variant impressions, memories and information of the object which we unconsciously operate for the communications and relationships with other people. I want to establish a field through which all segments of a face relate to issues of identity and a sense of reality. By distilling each individual impression of the model with instinctive finger painting and impacting and reconstructing them into a singular/series of portrait(s) with vivid colour combinations, my aim is to question the gaps between the facial perception of someone we usually believe is accurate and the image we create in our minds as we see the third person.

Above: "Uppon" (detail), Acrylic on canvas, 2009

Contact

Name


Email


Subject


Body



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。